導入するメリット・デメリット

2016-07-07

震災などで水の安全性が見直され家庭用ウォーターサーバーを導入するご家庭が増えているようです。
今回は【家庭用ウォーターサーバーを導入するメリット・デメリット】についてまとめました。

ウォーターサーバーのメリット

1番目は<衛生的であること>です。
専用のボトルをセットすることで利用できるシステムです。
水が入っているボトルは機密性に優れています。
雑菌などを含んだ空気が入らないようなデザインになっています。
ウォーターサーバー本体も綺麗な水が供給できるような機能が搭載されています。
採水された時の綺麗な新鮮なお水が自宅でも利用できるのです。
2番目は<利便性に優れていること>です。
冷えたお水や温かいお湯を好きなときに使い分けることが可能!
氷を入れて冷やす必要もありませんし、沸かしたり温めたりすることもないです。
使いたい時にすぐに使えるのはストレスフリーになります。
水もスーパーなどに購入しにいく手間はありません。
必要なときに必要な分を依頼すれば自宅の玄関まで宅配してくれます。
3番目は<経済性に優れていること>です。
一般的な水の場合は12リットルで1500円程度です。
500mlに換算すれば60円程度ですからとてもリーズナブルです。
スーパーマーケットに行って持ち運びしたり安全性を考慮すればとても安い買い物になります。

ウォーターサーバのデメリット

1番目は<割高になる人もいること>です。
日常的にミネラルウォーターを利用しない人は設置することでコストが増えます。
普段ミネラルウォーターを使っている人は間違いなく安くなるでしょう。
2番目は<設置場所が必要になること>です。
しかし、近頃では各社とも家庭用を意識して省スペース用の機種も誕生しています。
ペットボトルを使っていたならば逆に冷蔵庫にスペースができるメリットも生まれますね。

関連記事

Copyright(c) 2011 快適に使えるウォーターサーバー一覧 All Rights Reserved.